診療科のご案内

内科
風邪 / インフルエンザ / 嘔吐 / 下痢 / 便秘 / 頭痛 / 貧血 / めまい / 肺炎 / 喘息 / 胃腸や肝臓 / 胆のう / 膵臓などの
消化器系疾患 / 糖尿病や高血圧 / 高尿酸血症といった生活習慣病

内科といわれてもすぐにはピンと来ない方もいらっしゃると思いますが、内科とは院長が専門としていた胃腸や肝胆膵、糖尿病などの消化器内科や内分泌糖尿病内科から、高血圧や狭心症、心不全といった循環器内科、頭痛や脳梗塞、パーキンソン病などの神経内科、肺炎や禁煙治療、COPDといった呼吸器内科・・・や腎臓内科と多岐にわたっております。当クリニック院長の大学病院、一般病院での経験により、専門であった消化器、糖尿病はもとより、かかりつけ医としての糖尿病、高血圧、高尿酸血症といった生活習慣病から禁煙治療、骨粗鬆症まで幅広く皆様の健康増進のお手伝いをさせていただきます。

当院では風邪、嘔吐下痢、肺炎、などの感染症も別待合室、別診察室を設けており、ほかの患者様に伝染してしまう心配はないですので御安心して受診ください。006

風邪

最新の風邪診療について・・・診療所として最も多く診察するのは風邪です。風邪は風邪症候群と呼ばれ多くはウィルス性の疾患で対症療法がメインとなります。
その中でも抗菌薬(抗生物質)の必要な疾患をふるい分けするのが大切です。
風邪は一般的には田坂による風邪の分類に分けられます。さらにCENTOR scoreなどにより、抗生剤が必要かどうかにつき問診と診察から割り出していきます。

インフルエンザ

多くは秋口から冬場に流行しますが、当院では検査キットによりインフルエンザ感染かの有無につき検査を行っております。(検査時間約15分)
悪寒、関節痛、高熱などがありましたら相談ください。またワクチンを射っている方は、発熱など症状は軽く出る場合があります。

高血圧

40歳以上の日本人の約2人に1人が高血圧と言われ、まさに国民病ともいえる高血圧です。一般的な高血圧とは 本態性高血圧のことをさし、塩分制限や降圧薬を内服していただくことがおおいですが、まずは2次性高血圧を否定することが肝要です。2次性高血圧とは褐色細胞腫、クッシング症候群、甲状腺機能亢進症、原発性アルドステロン症等々です。このような病気がある場合はそちらの病気を治すと
高血圧ではなくなる場合が多く、当院での高血圧治療は高血圧ガイドラインに沿って、採血をして上記疾患を否定してから、そして塩分制限などをしてから必要であれば降圧薬処方となっております。日本人の高血圧は塩分摂取量と深い関係があるとも言われております、厚生労働省では1日10g未満、すでに高血圧の方は6g未満が目標ですが、難しいところもありますので食事の指導、お薬調節などに関しては相談ください。

ピロリ菌

当クリニックでは胃がんや胃潰瘍の発症に関係が深いピロリ菌の有無を調べる検査を行っています。(約30分)
また院長が日本ヘリコバクターピロリ学会のH. pylori(ピロリ菌)感染症認定医であることもあり、除菌相談などは気軽に応じられます。一般的にピロリ菌に感染すると菌はそのまま胃に定着し、一生感染が継続します。ですが、きちんと治療薬を服用すれば、高い確率で除菌することが可能です。
胃潰瘍や十二指腸潰瘍はもとより、何かの胃腸にトラブルを抱えている方、またご家族で胃に疾患のある方がいらっしゃる場合は一度検査を受けてみましょう。

便秘外来

当院では、院長の長年の消化器疾患への関りを元に、便秘外来を行っております。便秘と一言で言っても医学的には弛緩性便秘や痙攣性便秘、器質性便秘、薬剤性便秘、それが慢性な方や急性な方もいらっしゃいます。当院では必要に応じてレントゲン検査や大腸内視鏡を施行し、適切な薬剤を選択することで皆様の快適な排便習慣をかたちづくるサポートを行っております。

糖尿病

糖尿病とはエネルギー源であるブドウ糖を有効利用させるホルモン(インスリン)の分泌不足や機能低下している病気です。尿の量が多くなった、のどが異常にかわく、全身倦怠感、食べているのに体重が減るなどがあると、状態の悪い糖尿病である可能性があります。

高脂血症

体の中で脂質は、エネルギーの貯蔵や、細胞膜やホルモンのもととなったりして、私たちの体を保ってくれています。一般的に脂質は、肝臓で作られたり食事からとり込まれます。また脂質は血液の中で一定の量に保たれるように調節されていますが、脂質異常症(高脂血症)の方では、体内での脂質量調節が悪かったりして、血液中のLDLコレステロール(悪玉コレステロール)やトリグリセライド(中性脂肪)が多くなる、またはHDLコレステロール(善玉コレステロール)が少ないことが続いている状態です。脂質異常症(高脂血症)をほうっておくと、動脈硬化が進行していき、心筋梗塞や脳卒中(脳梗塞や脳出血)などを引き起こしやすくなります。血液中の脂質の値を測って、正常範囲に調節していくことは、動脈硬化の予防のために大切です。脂質異常症(高脂血症)が気になる方がいらっしゃればご相談ください。

禁煙外来

当院では禁煙外来を行っております。
一般的な健康保険等を使った禁煙治療での流れは、12週間で5回の診察を受けます。
初回に診察では、喫煙状況などから健康保険等で治療が受けられるかをチェックします。
その後の診察では、禁煙補助薬の処方を受けるほか、息に含まれる一酸化炭素(タバコに含まれる有害物質)の濃度を測定したり、禁煙状況に応じて医師のアドバイスを受けることができます。思ったより楽に禁煙することができます。

男性外来

抜け毛が気になる(AGA)、勃起不全で悩んでいる(ED)など、男性特有の症状もお気軽にご相談ください。お一人で悩まれずに、早めにご相談いただければ幸いです。

健康診断

当院では特定健診、調布市市民健診(集合契約特定健診、健康増進健診、結核検診、特例項目外健診、
前立腺がん検診、胃がんハイリスク検査、大腸がん検診、後期高齢者健診、肝炎ウイルス検診)、
自費健診なども実施しております。お電話にてお気軽にお問い合わせください。

皮膚科
アトピー性皮膚炎 / 蕁麻疹 / 凍瘡 / 皮脂欠乏性湿疹 / ニキビ / 水虫 / やけど / 口唇ヘルペス / 帯状疱疹 / 円形脱毛症 / AGA / プラセンタなど

一般皮膚科の診療のご相談を承っています。

近年、男女を問わず美容に関するお悩みを抱えていらっしゃる方から医療機関へのお問い合わせが増加しております。

当院でもアンチエイジングや免疫力向上を目的としたプラセンタ注射、AGA(男性型脱毛症)の治療を目的としたフィナステリド錠の処方などを行っていますので、どうぞお気軽にご相談ください。

プラセンタ

調布市では数少ないプラセンタ注射を行なっております。
プラセンタ療法の基礎となったのは1930年代旧ソ連のフィラートフ博士が「組織療法」
にプラセンタを使用したことと言われております。その後大きな副作用もなく使われ続け、現在でも
肝疾患、更年期障害に関しても有用とされ保険適応で使用されております。更年期障害や肝障害の
病名の既についていらっしゃる方は、保険適応となる場合がありますのでご相談ください。
また現在では美容にも応用的に使用されております。ラットを用いた実験的火傷において、
プラセンタは創傷治癒促進作用を示していたり、同様にラット水中遊泳疲労試験において、
抗疲労性を認めている論文もあり、理論的な拡大解釈からのアンチエイジングにも使用されております。
当院では2種類のプラセンタである、ラエンネックとメルスモンを採用しております。
いずれも自費診療では1A(1菅)1500円での注射となっております。

AGA

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で男性型脱毛症の意味です。
青壮年期の男性にみられる髪が薄くなる状態のことです。
思春期以降に髪の生え際や頭頂部の髪の、どちらか一方、または両方から薄くなっていきます。
一般的に、男性ホルモンや遺伝の影響などが原因と考えられています。AGA(エージーエー)の特徴は、
その脱毛の進行パターンにあります。額の生え際から後退していくタイプ、頭頂部から薄くなるタイプ、
これらの混合タイプなどさまざまな脱毛の進行パターンがあります。AGA(エージーエー)の脱毛部には
DHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度にみられ、これがヘアサイクルの成長期を短くする原因物質と
考えられております。成長期が短くなると、髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまいます。
その結果、十分に髪の毛が育たずに、細く短い髪の毛が多くなって、全体としてうす毛が
目立つようになります。これを正常なサイクルに近づけてくれるのがプロペシアやザガーロといった
内服薬になります。当院でもAGAの治療を目的としたザガーロカプセル30錠10500円、
プロペシア28錠8500円フィステナリド錠5500円で取り扱っておりますのでご相談ください。

アレルギー科
アレルギー性鼻炎(花粉症など)や食物アレルギーによる発疹、蕁麻疹など

花粉症の原因となるスギやヒノキ、カモガヤ、ブタクサなどの花粉のほか、ハウスダストやカビ、動物の毛などもアレルギーの原因です。また、特定の食品を摂取することで症状が出ることもあり、アレルギーの原因物質は日常生活のすぐそばに多数存在しています。
アレルギーは大人になってからも突然発症することもあります。血液検査などにより、原因を特定し、把握しておくことで予防できますので、気になる方はアレルギー検査を受けられてみてはいかがでしょうか。

内視鏡
胃内視鏡検査および大腸内視鏡検査
胃内視鏡検査で診察可能な疾患 / 食道癌 / 逆流性食道炎 / 食道静脈瘤 / カンジダ食道炎 / 胃癌 / 胃潰瘍 / 胃ポリープ
慢性胃炎 / 萎縮性胃炎 / びらん性胃炎 / 十二指腸癌 / 十二指腸潰瘍
大腸内視鏡検査で診察可能な疾患
大腸癌 / 大腸ポリープ / 潰瘍性大腸炎 / クローン病 / 憩室症 / 腸結核 / 粘膜下腫瘍 / 大腸メラノーシス / 虚血性腸炎

大腸ポリープは腫瘍性のものが多く、大きくなるにつれて癌化する可能性が高くなります。そのため、大腸のポリープは早期発見、早期切除が大切です。当クリニックではポリープが小さく切除可能な場合は、その場ですぐに手術し、その日のうちにお帰りいただくことができます。

当クリニックの院長は、杏林大学病院で内視鏡専門医として勤務していた経験より、現在も杏林大学病院で週に1度診療にあたっています。専門医としての資格のほか、日本内視鏡学会指導医、日本消化器内視鏡学会学術評議員も務めています。ですので、特に内視鏡に関して、皆様が安心して受診していただける体制を整えています。初診の方は、まずしっかりと問診からさせていただきますので、不安に思うことなどあれば何でもご相談ください。

経口内視鏡と経鼻内視鏡

「内視鏡検査はつらい」というイメージをお持ちの方は多いと思います。
確かに内視鏡を口から入れる経口内視鏡の場合には、舌の付け根にカメラが触れると咽頭反射が起こって吐き気を催すため、つらいと言われることがしばしばあります。これは体質によってつらさの度合いが違っており、全く気にならない方もいらっしゃいます。
当クリニックでは、鎮静剤を使用し苦痛を和らげる方法のほか、鼻から内視鏡を入れる経鼻内視鏡での診察も可能です。ただ一方で、一般的に苦痛が少ないと言われている経鼻内視鏡に比べて経口内視鏡はカメラが大きく、画像が鮮明になるという長所もあります。
そのため当クリニックでは、患者様一人ひとりにあった最適な診察方法を、内視鏡専門医としてご提案させていただきますので、どうぞご安心ください。

上部消化官内視鏡を受けられる方へ

上部消化官内視鏡検査では、腹痛や貧血の原因を調べたり、癌やポリープ、潰瘍の有無を確認します。

検査前日の夕食は午後9時までに済ませ、消化の良いものにしてください。
※アルコール以外の水分は摂っていただいて構いません

検査当日は、糖尿病の服用やインスリン注射はしないでください。
その他の薬については、医師にご確認ください。

検査で詳しい観察を行うために、原則として胃腸の動きを止める注射を行います。この薬の影響で、動悸がしたり、目の焦点が合わなくなったりする場合があります。
また、検査を楽に行うために鎮静剤を注射することがあります。それにより検査後に眠気が生じる場合があるので、事故予防の観点から、検査当日は自動車やバイク、自転車などでの来院は絶対にお止めください。

大腸内視鏡を受けられる方へ

大腸内視鏡検査では、大腸癌やポリープ、炎症の有無を確認します。

検査3日前から、消化の良いものを食べるようにしてください。
特に海藻類、きのこ、豆、ごま、種のある果物、ごぼうやこんにゃくなどの繊維物は、腸管内に残りやすく、観察の妨げになることがあるのでお避けください。
また、日常便秘薬を服用されている場合は通常通り服用していただいて構いませんが、その他の薬については、医師にご確認ください。

大腸の緊張をとるための鎮痛剤や、検査を楽に行うための鎮静剤を注射することがあります。それにより検査後に眠気が生じる場合があるので、事故予防の観点から、検査当日は自動車やバイク、自転車などでの来院は絶対にお止めください。

治療を行った場合、その後約1週間は旅行や激しい運動、飲酒はしないでください。


診療科案内

診療Web予約

診療予約はこちら